公衆無線LANとは

このように、有線LANに替わり(現在でも有線LANは広く用いられています)主流となった無線LANですが、そのお陰で私達が用いるインターネットの活用方法も、大幅に変わりました。普段、私達はスマートフォンやタブレット端末などで、キャリア契約がなされている端末は、一般的にモバイル通信、と呼ばれる『3G』や『LTE』といった規格の通信が行えるようになっています。それは特定のルータを介さず、直接電波をキャッチできるものです。しかし、どうしても通信制限などがあり、外出先では満足にモバイル通信を活用できない、という欠点もあります。そこで広く用いられるようになったのは、『公衆無線LAN』サービスです。これは様々な場所に設置された、不特定多数の人が用いられるように設定されてある接続サービスであり、特別な機器やパスワードがなくても(設定しているところもあります)その同一空間内であれば高速のインターネット接続が可能となっています。それにより、モバイル通信の通信量を気にしなくても、インターネットが利用出来ます。

ただし、この公衆無線LAN(無料Wi-Fi)にはセキュリティ上の欠点があります。不特定多数が使えるようになっているため、暗証番号などの個人情報を入力するような使い方は避けるべきです。