無線LANと有線LANとは

「Wireless」―この言葉を、魔法の言葉のように感じる方がおられるかもしれません。一昔前は、パソコンやプリンターなどの機器同士が、特定の線を介さずに、通信を行えるなどということは想像出来ないものでした。実際にデータをやり取りするには、例えばデータが入ったフロッピーなどを実際にプリンターが設置されている場所まで持っていき、そこでフロッピーを挿入しデータを読み込ませ、時間を掛けてデータの印刷を行う、と言うことが必要でした。それは当然凄く時間が掛かりましたし、効率面で見れば最悪でした。しかし、現代ではどうでしょうか。WindowsPCであれば私達が「Ctrl+P」を押し『印刷』ボタンをクリックするだけで、印刷が行えるのではないでしょうか。と言うよりも、そもそもプリンターがパソコンの近くにある必要はありません。線で繋がれていなくとも、Wirelessで実際にデータを送受信させることが可能なのです。この仕組みが用いられるようになってから私達の作業効率は大幅に上昇しました。既に多くの企業がこの方法を取り入れており、もはやそれがなくては仕事ができない、というほどにまでなりました。

さて、この便利な機能の一端を担っているのが、『無線LAN』の存在です。いわば昔は、『LAN』ケーブルが無ければ通信が行えませんでした。しかし現在は、線で繋がなくとも、機器同士を認証させるだけで、データを送受信できます。さて、この無線LANを使うには、その無線LANの電波を送信するための、『ルータ』が必要になります。