公衆無線LANとは

このように、有線LANに替わり(現在でも有線LANは広く用いられています)主流となった無線LANですが、そのお陰で私達が用いるインターネットの活用方法も、大幅に変わりました。普段、私達はスマートフォンやタブレット端末などで、キャリア契約がなされている端末は、一般的にモバイル通信、と呼ばれる『3G』や『LTE』といった規格の通信が行えるようになっています。それは特定のルータを介さず、直接電波をキャッチできるものです。しかし、どうしても通信制限などがあり、外出先では満足にモバイル通信を活用できない、という欠点もあります。そこで広く用いられるようになったのは、『公衆無線LAN』サービスです。これは様々な場所に設置された、不特定多数の人が用いられるように設定されてある接続サービスであり、特別な機器やパスワードがなくても(設定しているところもあります)その同一空間内であれば高速のインターネット接続が可能となっています。それにより、モバイル通信の通信量を気にしなくても、インターネットが利用出来ます。

ただし、この公衆無線LAN(無料Wi-Fi)にはセキュリティ上の欠点があります。不特定多数が使えるようになっているため、暗証番号などの個人情報を入力するような使い方は避けるべきです。

Wi-Fiとは

従来、この無線LANに関しては、有線LANに取って代わるものではありませんでした。通信速度や同時接続数に限界があり、まだまだ実用性には乏しかったからです。しかし、近年ではその問題が解決され、新たに『IEEE802.11a』や『IEEE802.11g』等の規格が用いられるようになったことにより、有線LANと同等の通信速度で通信が行えるようになり、一気に無線LANが主流となりました。これによって、私達はスマートフォンやタブレット端末などで、高速のインターネット接続が行えるようになっているのです。現在主流となりつつある新しい規格では、有線接続にも勝る超高速な通信速度が可能になり、同じく高速化するブロードバンドの波にも対応できる製品が続々と登場しています。もちろん、それらの速度は個人の用いているパソコンのスペックなどに影響されますが、それでも私達が―いわゆる高画質の動画を見るのに待たなくて良いぐらいには、その通信技術が進歩していることが分かります。

さて、無線LANが普及して新たに『Wi-Fi』という言葉がよく用いられるようになりました。これは無線LAN通信規格の名称であり、この名前―いわば規格のロゴが付与されている商品が、公にWi-Fiを用いた無線LANに対応していると認められる商品となります。

無線LANルータとは

庭に高速のブロードバンドを持っている方がおられるなら、すでに活用しておられるでしょう。無線LANルータは、無線接続を行う上で欠かせない存在です。ルータが持つ役割とは、いわばネットワークの中継役、といったところです。私達が通信を行う際―簡潔に言うとインターネットを用いる際、必ず用いている『決まり事』のようなものがあります。それを『プロトコル』といいます。私達が現在用いている主なプロトコルは『TCP/IP』と呼ばれるもので、いわゆる機器の『住所』であるIPアドレスを特定し、通信を行うための決まりごと、いわばルールです。これらを指定することによって、特定の機器と、双方向で通信を行うことができます。

さて、ルータはこの『TCP/IP』というプロトコルに基づいて、ネットワークの経路選択を行っているわけですが、その経路選択により送信される電波がWirelessで行われるものが、無線LANになります。無線LANの規格は、あらかじめ伝送速度が定められており、家庭内の範囲であれば、ルータの性能にもよりますが、どこでもインターネットが用いられるようになっています。

無線LANと有線LANとは

「Wireless」―この言葉を、魔法の言葉のように感じる方がおられるかもしれません。一昔前は、パソコンやプリンターなどの機器同士が、特定の線を介さずに、通信を行えるなどということは想像出来ないものでした。実際にデータをやり取りするには、例えばデータが入ったフロッピーなどを実際にプリンターが設置されている場所まで持っていき、そこでフロッピーを挿入しデータを読み込ませ、時間を掛けてデータの印刷を行う、と言うことが必要でした。それは当然凄く時間が掛かりましたし、効率面で見れば最悪でした。しかし、現代ではどうでしょうか。WindowsPCであれば私達が「Ctrl+P」を押し『印刷』ボタンをクリックするだけで、印刷が行えるのではないでしょうか。と言うよりも、そもそもプリンターがパソコンの近くにある必要はありません。線で繋がれていなくとも、Wirelessで実際にデータを送受信させることが可能なのです。この仕組みが用いられるようになってから私達の作業効率は大幅に上昇しました。既に多くの企業がこの方法を取り入れており、もはやそれがなくては仕事ができない、というほどにまでなりました。

さて、この便利な機能の一端を担っているのが、『無線LAN』の存在です。いわば昔は、『LAN』ケーブルが無ければ通信が行えませんでした。しかし現在は、線で繋がなくとも、機器同士を認証させるだけで、データを送受信できます。さて、この無線LANを使うには、その無線LANの電波を送信するための、『ルータ』が必要になります。